84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

浜松市のおすすめ観光スポット(冬~春)|子連れで楽しむ!

   

2015年ゆるキャラグランプリで
浜松市のゆるキャラが1位になりました。

とは言っても、
全国的に知られるような観光スポットがあるわけではなく、
人が集中する地域ではないため、
子どもと一緒の観光でも、ストレスは少なくて済むます。
連休中はそれなりに混雑しますが、
メジャーな観光地に比べれば快適です。

今回は、浜松市周辺の子連れで楽しめる観光スポットを紹介します。
様々な体験を子どもと一緒にして、
大人も子どもも楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

浜松市の子連れで楽しめる観光スポット(冬~春)

子どもと楽しむ収穫体験、食育

フルーツ狩り、味覚狩りをして、
子どもに収穫する楽しみを体感してもらい、
育てる大変さや食べ物を大切にすることを
教える機会を作ってみてはいかがでしょうか。
最近は、旬の時期を教えにくくなっていますので、
野菜や果物には旬があることを教えることもできます。

季節に合わせて、様々なフルーツ狩りができるのは、
フルーツパークです。

冬から春にかけてオススメなのは、
やっぱりいちご狩りです。
子どもと一緒に立ったり、しゃがんだりするのは大変なので、
高設栽培のいちご狩りができる場所を選ぶのがオススメです。
子どもの目線近くにいちごが出来ているため、
子どもがむやみにいちごを触らないように
事前に子どもに教えておくことと良いです。

いちご狩り

いちご狩りのシーズンが過ぎると、
潮干狩りシーズンの到来です。
浜名湖であさりの生育が悪い時期があり、
一時期潮干狩りが中断してましたが、再開しました。
村櫛遊漁組合
舞阪町観光協会

生き物との出会い

子どもは、生き物を見ると、
大人より新鮮な目で生き物と向き合い、
夢中になるものです。
やっぱり動物園や水族館が定番ですよね。

浜松市動物園
大人は410円ですが、中学生以下は無料です。
坂道が多い動物園のため、
観光の終盤ではなく、前半に観光することをオススメします。
春の桜シーズンになれば、隣接している
フラワーパーク
子どもと散歩しながら、お花見もできます。

桜

お魚好きの子どもとお出かけするのであれば、
ウォットもオススメです。
規模は小さいですが、大人310円、高校生以下無料
浜名湖の魚について知ることができます。

スポンサードリンク

飛行機好きな子どもと一緒に楽しむ

浜松市には、航空自衛隊の基地があり、
エアーパークでは、
戦闘機を見たり、フライトスーツを試着したりできます。
子どもに色々な体験をさせてあげたいけど、
費用がかさむのも気になりますよね。
ここは、大人も子どもも入場料が無料なのも嬉しいです。

フライトスーツを親子で試着して
記念写真を撮影すれば、良い記念になります。

小学生以上の子どもと一緒に行くのであれば、
フライト体験をしてみるのもオススメです。

身体を思う存分動かす

子どもって身体を動かすのが大好きです。
静岡県立森林公園では、
自然が豊富な中、アスレチックが無料でできます。

吊り橋もあり、子どもとプチスリリングな体験もできます。

また、週末は材料費のみで木工品作成体験もできます。

自然の神秘を体感

浜松市では鍾乳洞も体感できます。
竜ヶ岩洞
年間通して18℃のため、寒い時期はむしろ暖かく観光できます。

鍾乳洞のちょうど折り返し地点にある
落差30mある滝の迫力は凄いです。

帰りに売店にあるマテリアへ立ち寄ってみてください。
美味しいジェラートが楽しめます。

浜松と言えばうなぎパイ

浜松と言えば、うなぎが知られています。
うなぎ以上に知られているのが、
「うなぎパイ」というお菓子です。
今は、浜松市でなくても、東京駅などでも
購入できますが、工場見学は浜松でしかできません。

うなぎパイファクトリー
うなぎパイの製造過程を見ることが出来ます。

工場見学は、予約制ではなく、
無料でお土産付きです。
規模が大きくないため、比較的短時間で見学できます。

運が良ければ、お買い得用のうなぎパイを
お土産に買って帰るのがオススメです。

温泉でまったり

寒い時期は、温泉でまったりして、
疲れも癒して、観光を終えるのがオススメです。
大人もゆっくりできるし、
子どももまったりでき、その後の寝かしつけも楽になります。

舘山寺温泉エリアの日帰り温泉施設
「華咲の湯」
家族風呂が予約できる「風と月」
ゆっくりできて、オススメです。

まとめ

子どもを連れて出かけると、
予定通りにいかないことが当たり前です。

子どもが疲れてしまって、
予定より早く帰路につくこともあります。

また、子どもが楽しめると思っても、
その時の気分や状況によって、
子どもの反応も様々ですよね。

だから、あまり費用をかけずに
でも楽しめそうなところを選んでおくと
大人のがっかり感も少なくて済みます。

そして、子どものためにと思って張り切りすぎると
大人の疲労度が高すぎて、ぐったりすることもあります。
子どもが子どもらしく楽しめて、
大人は子どもを尊重しながら、大人のペースも作りながら、
大人も楽しめると、また出かけようという気持ちになります。

浜松市は観光スポットがたくさんあるわけではありませんが、
日帰りでも十分観光できるし、
泊りながらゆっくり観光することができる都市です。

ぜひ一度浜松市の観光も体験してみてください。

スポンサードリンク

 - 旅行, 温泉